入院

一般(急性期)病棟

一般(急性期)病棟とは

急性期疾患の治療・回復を目的とした病棟です。

検査・手術が必要な場合や、内科的病気など集中的な治療が必要な時期から安定する時期までの方を受け入れ、早期から必要に応じて理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、日常生活動作の向上を目的としたリハビリテーションを行い、患者さんの早期退院・在宅復帰を支援します。

一般(急性期)病棟の特色

急性期の治療

各種疾患 を対照とした急性期入院治療を行う混合病棟になります。

救急搬送患者さんの受け入れや、整形外科、消化器外科、耳鼻咽喉科などの手術が必要な患者さんなどの総合的な診察ならびに治療を行っています。

亜急性期の治療

急性期の治療だけでなく、在宅療養や施設入所している患者さんの状態が悪化した場合の受け入れも積極的におこなっています。

他院、施設スタッフからご連絡をいただいた際は迅速に対応いたします。

入院直後から積極的な治療を行い早期の退院を目指します。即日入院にも対応いたします。

手術治療

当院は各種手術治療を行っています。

一般病棟では手術前後の管理を複数の医療スタッフによるチーム医療で行っています。

リハビリテーション

365日継続したリハビリテーションの提供を行っています。

患者さんの状態に合わせ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がそれぞれ連携しリハビリを提供いたします。

また、手術後早期からリハビリを行い合併症の予防などを図っています。

手術の内容・創部の回復の状態に合わせ、きめ細かいリハビリテーションを提供いたします。

 

内視鏡手術後の患者さんに対しては、術後当日より離床を促していきます。(手術の実施時間や、その他の状況に応じて進めていきます。)

回復期リハビリテーション病棟との連携

急性期治療後も疾患、状態に応じて回復期リハビリテーション病棟での継続したリハビリテーションを受けることができます。一方、回復期リハビリテーション病棟の患者さんが急変した場合、一般病床への受け入れも迅速に対応しています。

退院支援

退院前から事前に、地域連携室スタッフと緻密な連携をとりながら、必要に応じて患者さん、ご家族、関連施設やケアマネージャーも交えて調整をさせて頂きます。

千葉白井_ロゴ2020.png

047-497-6800

〒270-1422  千葉県白井市復1439-2

Copyright(c) 医療法人社団白翔会 千葉白井病院. All Rights Reserved.