手術

脊椎・脊髄病センター

担当医紹介

脊椎・脊髄病センター長

中山 美数(なかやま よしかず)

H11 防衛医科大学校 卒

内視鏡や低侵襲を中心に標準的な術式まで脊椎脊髄疾患に対する様々な手術治療を専門としております。豊富な手術症例数を糧にして患者さんの要求に応えられるよう全内視鏡手術にも現在取り組んでおります。手術に対して抱いている強い不安を少しでも少なくしたい方はご気軽にご相談下さい。

​また手術以外の治療についても当院のペイン内科でのブロック注射治療と合わせて少しでも軽減できるように取り組んでおります。

脊椎・脊髄病センターについて

脊椎疾患全般に対して、脊椎内視鏡手術(MED/MEL/FESS)による手術治療を中心に経皮的椎体形成術(BKP)や日常生活動作全てを支える体幹筋への手術によるダメージを最小限に抑える低侵襲脊椎固定術(MISt)などの術式で脊椎疾患患者さんに対する手術治療を行っております。

 

また手術だけではなくペインクリニックによるブロック治療や鍼灸師による鍼灸治療も併せて行っており、多岐にわたって治療の選択肢が可能な病院でもあります。できるだけ患者さんのライフスタイルやアクティビティを第一に考え、将来先を見据えたより良い治療の提案を心掛けて十分に相談しながら治療をしていきます。

そのためには普段から骨や筋肉・関節を健康な状態で維持することもパンフレットを用いてアドバイスしていけたらと考えております。

当院の脊椎脊髄病センターの手術の特徴

脊椎内視鏡を用いた手術が最も多く、次いでできるだけ腰椎疾患の再発の確率を最小限に抑える制動を目的とした固定術や高齢者の骨粗鬆症患者に多い脊椎圧迫骨折に対するBKP(balloon kyphoplasty)などを治療しております。これらの手術治療に関してのご質問やご相談なども診察室での診療の際にお気軽にお問い合わせください。

脊椎内視鏡ならびに経皮的内視鏡手術は腰椎の病気だけでなく頸椎や胸椎といった背骨全般で可能ですので合わせてご相談ください。しかし、腰の骨がぐらぐらして不安定な方や圧迫骨折などを有している方、側弯や後弯のような歪みのある方などは内視鏡手術で対応できないこともありますので、外来受診をされてから専門医の意見を参考にしていただけると幸いです。

実績紹介

これまでの当院での手術件数は以下のようになっております。

脊椎脊髄疾患

  • MEL(D):脊椎内視鏡下除圧術(Micro Endoscopic Laminotomy or Discectomy)

  • FESS:全内視鏡下除圧術(Full-Endoscopic Spine Surgery)

  • BKP:経皮的椎体形成術(Balloon Kypho Plasty)

脊椎脊髄外科手術件数

脊椎内視鏡手術のご案内

簡単に脊椎内視鏡手術の特徴をご説明させていただきます。まず、腰や首の後方に直径16mmの円筒状の筒(Tubular retractor)を挿入するための皮膚切開を加えます。 筒の中にカメラを入れモニター越しに手術をおこないます。 モニターはFull high visionのものを使用しますのでとても画質がよく、顕微鏡などと比べても遜色がありません。 よく見えることで出血も少なくなりますし、神経を傷つける可能性も低くなります。 さらに傷が小さいため皮膚や筋肉のダメージが小さく、順調にいけば術後数日で自宅退院も可能となります。 傷の大きさを気にされる若年者、仕事で長期の入院が難しい方、さらには高齢で長期入院となると認知症などの合併症がおこることを気にされている方など、幅広く適応されています。

 

手術方法は大きく2つに分かれます。

 

MED(内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)

腰椎椎間板ヘルニアのときに行う手術法です。

ほとんど骨を削らずにすむ場合が多く、仮に削る場合でも神経をよけて椎間板ヘルニアを摘出するのに必要な分だけの骨削ですみます。

深部に達すると神経をよけて、痛みの原因となっていた椎間板ヘルニアを摘出します。 手術時間は椎間板ヘルニアの出ている場所や大きさなどで多少は変動しますが、通常1時間以内で済みます。 出血量も10g以内のことがほとんどです。

MEL(脊椎内視鏡下椎弓切除術)

脊柱管狭窄症のときに行う手術法です。

脊柱管狭窄症があるため骨を十分に切除し神経の圧迫を解除する必要があります。 そのため手術時間はMEDと比べやや延長し、その結果出血量もわずかに増加します。 しかし、それでも100g以上の出血がおこることはまれで、輸血をするケースはまずありません。

腰部脊柱管狭窄症に対する脊椎内視鏡下椎弓切除術(MEL)

頸部脊椎管狭窄症に対する頸椎内視鏡下椎弓切除(C-MEL)

全内視鏡下脊椎手術のご案内

FESS(Full Endoscopic Spine Surgery)について

本手術法は、従来行われていた直径16mmのtubular retractorを用いた脊椎内視鏡下椎間板摘出術をさらに低侵襲にした手術で、外径7~10mmの脊椎内視鏡下に小さな鉗子・ラジオ波バイポーラ・ドリルを用いて経皮的にヘルニアを摘出したり、神経を圧迫する靭帯や骨を切除する方法です。現在、外側型ヘルニアや椎間孔狭窄症、頸椎病変の一部まで適応を広げております。

全ての脊椎疾患ではありませんが頸椎や腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症を中心にこの手術の対象としております。

 

椎弓間アプローチでのヘルニア摘出術

経椎間孔アプローチでのヘルニア摘出術

経皮的椎弓切除術

経皮的椎体形成手術のご案内

骨粗鬆症性椎体圧迫骨折の患者さんが年々高齢化社会を背景に増加傾向となっております。

2010年2月に厚生労働省の認可を受け、2011年1月より保険適応となったBKPと呼ばれる低侵襲の椎体形成術を当院でも行っております。

 

他院で腰や背骨が折れているのがわかったけど手術は出来ないし治らないと言われてしまった方でも最も侵襲の少ない手術方法のひとつですので、今よりは痛みを少なくして過ごせる場合もあります。

 

また当院はこの手術システムを取り扱っている会社のホームページにも治療可能な病院としてリスト登録されております。この治療法についての詳細な内容が掲載されておりますのでご覧になられたり、あるいは当院に直接お越しいただければパンフレットでもご説明させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

 

せぼねと健康.com​

 

2か所のピンポイントの刺入部を術中X線にて印でチェック

ストロー大ほどの筒状金属内にバルーンを挿入したところ

バルーンで膨張した術中透視X線

骨セメント充填直後の術中透視X線

椎間板(髄核)融解術

2018年8月よりコンドリアーゼというタンパク質からなる分解酵素で髄核部の保水成分であるグリコサミノグリカンのみ分解するヘルニコアと呼ばれる日本で開発された新薬が登場しました。

分解が進むと髄核部の容積が縮小し、図のように突出した髄核が椎間板の中央部へと縮小することで神経の圧迫が減り、神経の誘発症状が軽減あるいは消失するという新しい治療法になります。

手術は受けたくない、全身麻酔手術は怖い、でも外来での治療では良くならない腰椎椎間板ヘルニアの患者さんの中で椎間板髄核部の保水が保たれている20歳以上の方のみ一生涯で1回だけこの治療法の適応となります。

当院でも2019年4月より保険適応での治療を開始しましたので詳細につきましては診察にてお気軽にお問い合わせください。

 
受診方法

脊椎・脊髄病のご相談は、脊椎専門外来を受診してください。

千葉白井_ロゴ2020.png

047-497-6800

〒270-1422  千葉県白井市復1439-2

Copyright(c) 医療法人社団白翔会 千葉白井病院. All Rights Reserved.