部門紹介

薬剤科

薬剤科について

千葉白井病院の薬剤科では、医師をはじめとして、看護師、検査技師、放射線技師、栄養士、医療事務、ソーシャルワーカーと顔の見える良好な関係を築いており、医療チームとして患者さんの薬物療法を支援するとともに、患者さんの身近な薬剤師を目指しています。

薬剤科の業務

調剤業務

病院内では主に入院患者さんへのお薬の調剤を行っています。

処方箋をもとにお薬を調剤・監査しています。調剤前にお薬の種類、量、使い方や飲み方に問題がないか、お薬同士の飲み合わせに問題がないか等を確認しています。

 

注射調剤業務

注射薬は入院患者さん1人ずつ個人毎にセットし、払い出しを行っています。

投与経路や配合変化に問題がないか確認を行い、病棟への払い出しを行います。電子カルテから投薬歴がいつでも確認できる体制を整えています。

 

医薬品管理

院内各部署に配置している医薬品は、すべて薬剤師が管理しています。病院で取り扱う医薬品は、内服薬、外用薬、注射薬などの他に、消毒薬、検査薬、放射性医薬品など多岐にわたります。これらの医薬品が品質に問題なく、各部署へ供給できるように在庫管理し、医薬品が安全に供給できるように管理しています。

 

製剤業務

市販されている薬では効果が得られない場合や、市販されている薬の形そのままでは治療に使用できない場合など、医師からの依頼をもとに、患者さんの多種多様なニーズに応じて薬を調製しています。

 

医薬品情報業務

医薬品が適切に、かつ安全に使用されるためには、正しい医薬品情報が必要です。薬剤師は文献や書籍などから情報を収集・整理して、わかりやすく加工し各部門に情報提供しています。また、厚生労働省、PMDA、各製薬会社からの情報を収集し管理するのもDI業務の1つです。

千葉白井_ロゴ2020.png

047-497-6800

〒270-1422  千葉県白井市復1439-2

Copyright(c) 医療法人社団白翔会 千葉白井病院. All Rights Reserved.