部門紹介

放射線科

放射線科について

放射線科では、より確実に画像診断を行えるよう情報量の多い臨床画像を迅速に提供することを目指しています。

そして、患者さんの安全・快適・満足を最優先にした放射線診療を目指し、患者さんが安心して受診・検査ができるような環境整備を図りサービス向上に努めています。

放射線科の業務

X線撮影

一般的にレントゲン(X線撮影)と呼ばれる検査で、頭部、胸部、腹部や全身の骨や関節などの撮影を行っています。X線写真は画像処理にコンピューターを用いたデジタル画像を提供しています。

放射線科に移動出来ない方は、ポータブルX線撮影装置にて写真を撮影しています。

 

透視検査 (X線 TV検査)

透視検査とは、X線を用いてリアルタイムに体内の様子を確認しながら透視や撮影を行う検査です。

 

骨密度検査

当院ではDEXA法と呼ばれる方法を用いて検査を行っています。腰椎と大腿骨の2部位にX線を照射し撮影を行うことで精度の高い診断を行っています。

CT検査

頭部、胸部、腹部、四肢などの断面撮影を行います。

画像の再構築によって、3D画像をはじめ、あらゆる断面画像も作成でき、体内の立体構造の把握やより細かな診断治療に非常に役立ちます。

 

MRI検査

体のあらゆる部位の断面像を撮影します。磁石の力を使った撮影装置であり、放射線を使わないことが特徴です。

千葉白井_ロゴ2020.png

047-497-6800

〒270-1422  千葉県白井市復1439-2

Copyright(c) 医療法人社団白翔会 千葉白井病院. All Rights Reserved.