部門紹介

栄養科

栄養科について

栄養科では、各診療科の医師の指示や相談のうえ、入院患者様の症状や栄養状態に合わせた食事を提供する事で、疾病の早期回復・合併症の予防を図り、診療部門の1つとして栄養面からサポートしています。

 

科のスタッフは管理栄養士、調理師、調理補助員で構成されています。管理栄養士は医療チームの一員としても、他職種と連携し各病棟や外来においての栄養サポートや栄養食事指導に関する業務を担当しています。これらの業務が常に連動して「食」を介した栄養管理を担っております。

栄養科の業務

チーム医療のとしての業務

患者さんが入院された際は、医師・看護師と共に栄養管理計画を作成し、入院中の食事内容をご理解して頂き、安心して治療が受けられるよう支援し、患者さんの栄養ケアの実践に与っております。

 

給食管理業務

入院中の患者さんの食事を提供すると共に、きめ細やかな個別栄養管理を実践するため管理栄養士がベッドサイドへ訪問し、病態を考慮した上で食欲・嗜好などの要望にも対応しています。

また、安全で衛生的な食事提供を行い、適時適温で食事を召し上がっていただくために様々な工夫をし食事の提供を行っています。

 

臨床栄養業務

入院および外来患者さんとそのご家族に様々な生活習慣病に関わる栄養指導や、栄養サポートなど個別栄養指導や「食」についての悩みに応じた栄養相談を実施しています。

栄養相談について【要予約】

入院外来の患者様へ食事栄養相談を実施しています。

医師の指示に基づき、一人ひとりの状況に合わせた食事栄養のご相談を行います。ご希望の方は主治医へご相談ください。